MEMOLY MEMOLY
会場全貌

「リクルート向けのメッセージが欲しいから早く書いてくれ」と、ライフパートナー事業部のじんが私のデスクにやってきた。

近くのデスクでは、一部始終そのやり取りを聞いていた女性社員がケタケタと笑っている。

書き出しのフレーズに躊躇して、メッセージの滑り出しにどんな言葉を選んだらよいのか考えていた時だ。

 

「じん、ところで君のミッションは何だ?」

「ミッション? 私は私のために命を使いますよぉ」

 

じんから間髪入れずに回答が来た。日本語訳の定義づけが素晴らしく、ぐうの音も出ない(笑)。

 

「任務だったら、先ほど社長がわたくしめに与えたじゃないですかぁ。ヨーロッパ向けのカタログを作れって。何カ国語まで掲載したらいいか、いま頭を悩ませているんですよ!」。

 

閑話休題。

 

メモリーのこれまでの歴史は、イノベーションの連続だった。スタッフが一丸となって日々業務に邁進し、常に革新と改善を繰り返し、PDCAを高速で回してきた。

高らかに掲げるビジョンの実現に向け、私たちは“3つの軸を持つ”若い力を求めている。

あなたがメモリーを知った時、私たちが他社と明らかに一線を画した事業コンセプトや経営スタイル(私たちはこれらを『とんがったスタイル』 と呼ぶ)を貫いていることに

驚かされたかもしれません。 現代社会は「VUCA」と称され、めまぐるしく変化し、未来に対して予測困難なビジネス環境である。

メモリーはビジョンとミッションを頂点に据え、他社にはない独自の戦略を時流を捉え大胆に且つ着実に実践してきました。

ストックビジネスの事業モデルをビジネスコンセプトとし、ブルーオーシャン戦略を用い財務体質の強い唯一無二の企業へ、

足元ではランチェスター戦略を用い強かに、エリア或いはドメインナンバーワン企業を取りにいく。

更にはそこに、メモリー独自の経営差別化戦略である 『収益性・教育性・社会性・独自性』 を付加し、コンセプト・ビジネスモデル・差別化戦略、それらを有機的に結び付け、

世界で真っ向勝負する。 まさに私たちが世に送り出す商品やリリースするサービスは、いずれも付加価値の高い商品であり、

知的財産権や獲得してきた数多くのプライズに代表される手の切れるような研ぎ澄まされたピカピカの商品を創ってきた。

そして、世界のどこにも存在しないオリジナリティの高い企業経営体を目指してきた。

 

創業時のメモリーは、どこの町にも昔からあるような、雑貨や文房具、日用品などを置いている小さな「なんでも屋」さん。

それがいつしか、グローバルなフィールドを目指して駆け出していくことになったわけです。 メモリーは、常に目標に向けて成長し続けています。

激変の時をチャンスと捉え創意工夫と強い意志により、ワクワクするような事業を桁外れに奇想天外な仲間と共に展開する。

そんな想いを抱きながら、私もまた、私のミッションに取り組んでいるのです。

そして、目指す山が高ければ高いほど、入念な準備としっかりとした装備とプロフェッショナルな意識を持つパーティが必要になるでしょう。

 

そのパーティとは、人と違った考え方を怯むことなく実践する『トンガリスト(人財)』たちです。

 

私たちは、『採用と教育』を事業を走らせる両輪と捉え、設立当初から最も力を入れてきました。

 

『とんがったスタイル』を地でいく我らがトンガリスト達は、コツコツと人知れず努力を重ね、自らの目指す目標をひたむきに追い続けることができる人。

物事に前のめりに、情熱的に取り組むことができる人。

ビジネスというフィールドを自分の成長と結び付けて捉えられる人。

先輩、上司、取引先様からの指摘を素直に受け止めることができる人。

相互理解を深め、仕事を進化させるためのコミュニケーションスキルを持った人。

 

こういった人財の集まりです。

 

『会社好き・仕事好き・仲間好き』 これが私たちの強みを最大化する、採用の3つの軸です。

奇想天外でさまざまな強みを持った人財が同じ山を目指すパーティとして機能するのは、私たちがこの人財採用の軸を大事にしているからこそ。

この軸で集まった仲間は、日本の富士山は言うに及ばず、世界の山にアタックできる最強のパーティと成り得るのです。

標高4,478mを誇る鋭く尖った山、マッターホルン。 アルプス山脈に属する彼の山は、世界一美しい山と呼ばれ、また世界中の誰もが知っている山と言っても過言では無い。

知識・体力・技術を併せ持つプロフェッショナルのみがチャレンジを許される山。

あなたに仕事を経験していただくチャンスは豊富にあります。どんな登山家も最初は素人です。だから安心してください。

そして、楽しんでください。若くても、経験がなくても、目標に向かってがむしゃらに一生懸命打ち込んでいく人には、例え失敗しても、

どんどんチャンスを与えていきます。失敗をせずに仕事をしている人はいません。

失敗の数だけ経験が増えるのです。社歴の浅いスタッフ同士も切磋琢磨しながら、会社とともに成長していく組織がメモリーです。

 

同じビジョンを共有し、会社とともに自分自身も大きく成長しよう。

時代の変化に柔軟に適応し、世の中にインパクトを与える仕事や商品・サービスを創り出すことを目一杯楽しんでいる仲間たちとともに。

 

私たちは、元気で情熱のあるあなたと一緒に、「ガレージから始まった世界的企業」を創りたい!

 

と、

「じん、こんな感じでどうだろうか?」

PAGE TOP